大阪府大阪市の産婦人科5選。出産費用や、女医、無痛分娩の情報も紹介!

大阪府大阪市の産婦人科5選。出産費用や、女医、無痛分娩の情報も紹介!

女性にとって出産は人生でもっとも大きな出来事といっても過言ではありません。もちろん、新しい家族が増えるわけですから、家族にとっても大きな出来事ですよね。

どの妊婦さんも思いは同じで健康で元気な子が生まれてきてほしいと思うものです。そのためにも大事なのは病院選びです。安心して出産できる病院選びはとても大事です。

実際に妊娠すると出産するために色々な準備が必要になります。準備にも出産するのにも費用もかかります。

病院によって特徴がそれぞれ異なり、出産費用にも少し差があるので、このページでご紹介していきます。

大阪市の出産ができる病院一覧

淀川キリスト教病院

阪急京都線崇禅寺駅・阪急千里線柴島駅より3分の場所にあります。この病院は数年前に老朽化に伴い改装されたためとてもきれいな病院です。

病院情報

住所:大阪市東淀川区柴島1丁目7番50号
TEL:0120-364-489
診療時間:平日 9:00〜17:00、土曜 9:00〜12:00
受付時間:月曜〜土曜  8:00〜11:00(午後はすべて予約診)
休診日:土曜の午後、日曜、祝日、年末年始
分娩費用:50万~60万円

病院の特徴

個室と大部屋があります。やはり院内が落ち着いていてきれいです。また、院内でマタニティーヨガの教室も行っていて体験することができます。立会いも可能で、しかも総合病院なので安心です。女性の先生がいます。

十三病院

阪急電鉄神戸線神崎川駅から8分・阪急電鉄十三駅から12分の場所にあります。少し駅から歩くため、バスを利用するといいでしょう。

病院情報

住所:大阪市淀川区野中北2-12-27
TEL:06-6150-8000
受付時間:平日 8:30-11:00
休診日:土曜、日曜、祝日、年末年始
分娩費用:50万~60万円

病院の特徴

個室と大部屋があります。またキッチンなどの付いた特別室もありご家族で泊まることができます。立会い可能で総合病院なので安心です。女性の先生がいます。

中津済生会病院

阪急梅田駅より5分・御堂筋中津駅より4分の場所にあります。梅田駅から近いため通院には便利な立地です。スタッフのほとんどが助産師さんという珍しい病院でもあります。

病院情報

住所:大阪市北区芝田2-10-39
初診受付時間:平日、土曜 8:30-11:30
休診日:土曜午後、日祝、年末年始
分娩費用:45万円前後

病院の特徴

お部屋は、個室と大部屋があります。分娩室ではフリースタイルの形をとっており事前に相談しておくと希望の分娩ができます。また立会い分娩が可能なようです。
マザークラスがあるため、ヨガやストレッチなどを行うこともできます。この病院も総合病院のため、女性の先生がいます。

千船病院

阪神電鉄千船駅から徒歩1分で駅に近く、通院に便利です。基本的に医師ではなく助産師さんが分娩に立ち会う出産になります。もちろん、すぐに医師が駆けつけられる体勢も整っています。

病院情報

住所:大阪市西淀川区佃2-2-45
TEL:06-6471-9541
診療時間: 平日、土曜の午前 9:00-12:00、平日の午後 13:00-17:00
休診日:土曜午後、日祝、年末年始
分娩費用:45~55万円前後

病院の特徴

院内助産院があるのが特徴です。こちらも総合病院になり女性の先生もいます。フリースタイル分娩を取り入れているため事前に相談すると希望の分娩を行うことができます。また、無痛分娩ができる病院でもあります。

ケイ・レディースクリニック

地下鉄谷町線都島駅より5分の場所にあります。

病院情報

住所:大阪市都島区都島北通1-22-10
TEL:06-6921-3313
診療時間: 平日、土曜の午前 9:00-12:00、水・金曜の午後 17:00-19:30 

休診日:月・火・木・土曜の午後、日祝、年末年始
分娩費用:約53万円前後

病院の特徴

和痛分娩・無痛分娩があります。お産から分娩まで部屋を移動することなく出産できるLDRを導入していることも特徴です。また、全室個室でバストイレつきです。女性の先生がいます。

まとめ

どの病院も分娩に実績のある病院です。遠いと通いづらいので産婦人科選びは、やはり家から近いことが一番です。特に妊娠中期からは急にお腹が出て電車などにのるのも大変になります。

どの病院の費用も自然分娩の場合のものです。帝王切開だと費用は変わってきます。またどの病院も個室になると少し費用は高くなります。産後大部屋だと周りの人に気を使いすぎてあまりゆっくりできなかった方が多いので費用に余裕がある場合は個室の方がオススメです。

陣痛はいつくるかわかりません。土日や深夜など病院の診察時間外のときもよくあります。その場合時間外の金額になりますので費用もかさみます。

ただ全体的に自己負担は20万以内で済むところが多いです。女医の先生を指名して検診に通っていても出産時その先生が当直でなければ違う先生が分娩の担当になります。

いずれにしても信頼できる先生、助産師さんのいる病院を選ぶのが一番です。合う合わないもありますので一度検診を受けに行かれてみてはいかがでしょうか。

[blogcard url=”http://hospitalcloud.net/osakashi-kitaku-obstetrics/”]

大阪府の産婦人科カテゴリの最新記事